日仏交流俳句コンクール

「離れていても」
―withコロナで頑張る世界に俳句でエール―

応募期間中に、約1700句のご応募をいただきました。
また、一般投票(12月20日終了)にもたくさんのご参加をいただき、ありがとうございました。

結果は、審査員の選考による優秀賞とともに、1月末にパリ日本文化会館のウェブサイトで発表します。

share
  • Twitter
  • メール

新型コロナウィルスの流行により、私たちの生活は一変しました。
世界中の人たちが今困難に立ち向かっています。

大きく変化した生活の中で、みなさんが感じること、思うことを俳句にしてください。
withコロナを余儀なくされている世界中の人たちと、俳句を通してつながりましょう。
そして、喜びや悲しみ、気づいたことなどを分かち合い、励ましあいましょう。
それが、日仏はじめみんなにエールとなって届くことを期待しています。

俳句は世界各地に広がっています。フランスでも俳句を作っている人がたくさんいます。
優秀作品は、日本語・フランス語に翻訳し、パリ日本文化会館のウェブサイトで表彰・発表します。
(賞の詳細につきましては、追って同サイトにて掲載致します。)

  • パリ日本文化会館は、フランスにおける日本文化発信、日仏文化交流の拠点です。
    独立行政法人国際交流基金が、民間と協力して運営しています。
  • ※俳句は日本のみならず広く世界中にファンを持っています。
    フランスでも、学校の文学の授業で5・7・5の音節で想いを表現する俳句制作が取り上げられたり、
    俳句同好会があるなど、「haïku」は静かに定着しており、
    一説にはフランスの俳句人口は5000人とも言われています。

審査員

黛まどか(俳人)、Nicolas Grenier ( 詩人 )、Christian Faure (紫木蘭俳句会 同人)、川崎康輔(Association “Haikuman 575”)

募集締切

2020年10月16日(金)
募集は終了しました。